副業せどり〜新聞を読んで未来がわかれば早く対策が打てる

毎朝、

起きて→犬の散歩→朝食(1回目の食事)→犬の朝食あげ→食後のコーヒーを飲みながら日経読む

このルーティンなんですが、朝起きたのが昼の12時前

新聞を読み終えたのが14時すぎの成田祐輝です。

朝刊なのか昼刊なのか・・・

昨日は21時と23時からSkypeが入っていて

結局、寝たのが朝4時すぎなので

ついつい昼まで寝ていまいました。

ここからが重要なお話で

今日2016/08/22の日経新聞の朝刊に

2016/08/08日経MJの記事が載っていて

「アパレル大量閉店 再生を模索」

って記事がありそれによると

百貨店やスーパーマーケットでの衣料品の売り上げはマイナス傾向で

Amazonやゾゾタウン、ユニクロ、しまむらなどの

カジュアルやネットショップはプラス傾向だと。

そしてオシャレ志向な人が減ってきて

機能的で安ければいいカジュアル志向が増えてきていると。

で、これは新聞には書いてないですが

多分この流れは次のオリンピック、東京五輪までは続くかなと。

なぜなら東京五輪までは観光産業、インバウンドの現状維持・増加

それに伴った雇用の創出などから

大きな景気の悪化は考えにくいです。

(サブプライムくらいの大きな変化も考えにくいですね)

そしてAmazon、楽天などの巨大ECモールと

JP、佐川急便、ヤマト運輸などの物流大手の

インフラがそこまで変わらないことから何が言えるかというと、

アパレル転売がいい

ってことです。

その理由は後述します。

アパレル転売:

これはアウトレットで80%OFF以上のものを買って

メルカリ、ヤフオク転売でもいいですし

狙い目販路はAmazon

仕入先はタオバオ、アリババ

もしくは中国での現地仕入れです。

ちなみに家電と衣料品のネット販売額は

衣料品の方が多く、物販系では衣料品が一番規模が大きいです。

そしてまだアパレル転売をしている人が・・・

少ない。

だから今後、私は国内転売はもちろんやっていきますが、

アパレル転売の方により力を入れてやっていきます。

っていう成田祐輝の独り言。

もしあなたが2020年までに副業や転売で

ブルーオーシャンを探したいのであれば

その1つがアパレルですよ。



詳細は無料メルマガにて公開してます♪
連絡用メールアドレス *

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする